« J League Div.1 2009 MatchDay.13 OMIYA Ardija in SaitamaStadium2002 | メイン | J League YAMAZAKI NABISCO CUP 2009 MatchDay.5 Jubilo IWATA in URAWA KOMABA STADIUM »

2009年06月02日

J League YAMAZAKI NABISCO CUP 2009 MatchDay.4 AlbirexNIGATA in SaitamaStadium2002

もう、笑ってしまうくらいに選手が抜けていくと言う・・・。

都築、闘莉王、阿部、直輝の4人は代表へ、原口はU-18代表合宿で怪我をして、堀之内は累積警告で出場停止。平川、達也、近藤、堤は怪我から復帰しておらず、なんと全31選手中10人もが離脱。これはこれで誰が出場するんだろうと見る側からすれば楽しみではあるけれど、監督としたら頭を抱えてしまうわな。てかベストメンバー規定は大丈夫なんでしょうか?(笑

そんな状況でスタメンに名を連ねたのはGK山岸、DFはアレックス、坪井、暢久、代志也、MFは細貝、啓太、セルヒオ、峻輝でFWが高原、エジミウソンと言うスタメン。CBがすっぽり居なくなってしまったと言う事態に暢久がCBへ。もう、違う意味でワクワクドキドキ。果たしてどんな試合になるのやらと。

試合は、これまた予想を大きく覆す内容になる。新潟は矢野を代表に持って行かれている以外はほぼベストメンバー。ずるい位にちょっと前にリーグ戦で戦った時と同じ。そんな状況でも優位をキープし、守備もきっちりと出来た事、それは今までやって来たサッカーと同一の物だった。パスミスはやや多い物の失えば奪い返すと言う動きを見せ、ポゼッションをキープして戦いをして行く。ややサイドチェンジのパスが少ない印象ではあったがボールを動かし人も動く事は多く実践出来ていたと思う。先制点も中へ絞り込んだ代志也がペドロ・ジュニオールからボールを奪い細貝とのワンツーで抜け出しゴールゲット。見事なゴールでした。後半にセルヒオもペナルティエリア内での細かいパス交換からゴールを奪う。セルヒオもだいぶ動きを理解し始めた様でまだまだ不十分ながらも少しづつ良くはなっているかな、攻撃面では。守備面ではまだまだだけどね。高原も今までは守備に翻弄される事も多かったがこの試合では高めのポジションをキープし始めた事でシュートチャンスも格段に増え後は決めるだけと言う所。次の磐田戦まで引っ張ってズドンと決めるのかい?と(笑)

全体的にも見応えも見所も充分のグッドゲームでした。ナビスコはやっぱり楽しいやね。


浦和 2-0 新潟
Goal:#27西澤、#15セルヒオ

 

 

次はリーグ戦デビューして、ガツンと決めようぜ!!なっ、代志也!!

[サッカーショップ加茂]浦和レッズホームユニフォーム

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.triumphal-song.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/310

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年06月02日 09:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「J League Div.1 2009 MatchDay.13 OMIYA Ardija in SaitamaStadium2002」です。

次の投稿は「J League YAMAZAKI NABISCO CUP 2009 MatchDay.5 Jubilo IWATA in URAWA KOMABA STADIUM」です。

Creative Commons License

このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.

Powered by
Movable Type 3.34

Contact:info@triumphal-song.com

copyright
(C)2007triumphal-song.com AllRightReserved.