« J League YAMAZAKI NABISCO CUP 2009 MatchDay.1 SanfrecceHIROSHIMA in HiroshimaBigArch | メイン | 解任? »

2009年03月30日

J League YAMAZAKI NABISCO CUP 2009 Matchday.2 YOKOHAMA F・Marinos in NISSAN Stadium

今日は、坪井と山岸がキレキレでした。

特に坪井はCBとしてDFの要として抜群の働きを披露。堀之内とCBに入ることで二人のCBががっちりと守備を固め22本も浴びた横浜のシュートを完封した。山岸も終盤のピンチを尽く防ぎ、危うい場面も体を張ってゴールを死守。 山岸と坪井でゴールに完全に鍵をかけた。

阿部が代表の試合に出場しなかった為、この試合に先発したものの山田直輝と原口が前節と同様に出場。序盤から原口のポジショニングやや低めの状態が続いていたものの少しづつ前にポジションを上げて行きポンテや直輝とのポジションチェンジも見せる様になりこの試合では積極的にシュートも放っていた。そんな原口の裏を取る動きからPKを獲得。ポンテがPKを決め先制。後半早い時間帯でポンテの足がつる。しばらくはプレーする物の早めの交代で西澤を投入。ポンテのポジションそのままに西澤が入る。終盤ややオフサイドに懸かりまくったのはご愛嬌って事で。その後、原口からセルへ、直輝から濱田へ。濱田がデビューを飾った。

にしても・・・セルは相変わらずだった・・・。FWの選手が手薄なのかは解らないがフィンケが今のセルを使う理由がいまいち解らない。前線からのチェイシングも中途半端なら守備もほとんどしない。残り時間が多いと余計にそれが目立つ。わからない所である。

あと、チームはまだまだ過去の堅守速攻のイメージが強く残っている様に思う。守備から攻撃に移るとき速攻のイメージで染まりきっていた為にとにかく前々と行こうとする。やや焦り気味の印象。コンビネーションサッカーで速攻が必ずしも攻撃の手段ではないと言う事を体に染み付かせていかないといけないんだろうなと。とにかくボールを動かしパスを繋ぐ。DFラインに戻したって構わない。その中で相手の守備を偏らせ崩した時に一気にスピードアップを図る。この緩急がとにかく必要なのだが、この辺りが上手く出来ていない。無理に無理に前へ持っていこうとするから相手の守備網に引っかかりボールを簡単に奪われてしまう。もっと細かくパスをまわし攻撃への準備を整える事をしないといけない。

また、これはサポーターにも言える。いまだに「前に行け」と叫ぶだけの人を見るとサポーターからして意識改革が必要なんだと感じる。攻撃時の掛け声の「オイ!オイオイオイ!」って奴ももっとゆったりのリズムで良い様に思う。センターラインを越えたあたりからリズムが早くなるが、状況を見てリズムを変えて行く方がいいと思う・・・多分かなり難しいけどね。

選手もサポーターもまだまだ過去の遺物を払拭出来ていないと言うのが現実なんだなと思った。


横浜 0-1 浦和
Goal:#10ポンテ(PK)

[サッカーショップ加茂]浦和レッズホームユニフォーム

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.triumphal-song.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/297

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年03月30日 01:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「J League YAMAZAKI NABISCO CUP 2009 MatchDay.1 SanfrecceHIROSHIMA in HiroshimaBigArch」です。

次の投稿は「解任?」です。

Creative Commons License

このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.

Powered by
Movable Type 3.34

Contact:info@triumphal-song.com

copyright
(C)2007triumphal-song.com AllRightReserved.